ID削除漏れをゼロへ!ID台帳管理・ID棚卸ツール アカンサス

資料ダウンロード デモを希望する

ID台帳管理・ID棚卸ツール
「アカンサス」とは?

社内システムの管理者が個々にメンテナンスしているID台帳を一元的に整理でき、
年に1度のID棚卸もWeb上で完結・効率化できるサービスです。
  • 1.棚卸したい情報を
    そのまま投入
    1.棚卸したい情報をそのまま投入
    現在管理されている従業員管理簿やシステムからエクスポートしたID一覧をそのままインポート。
    アカンサスが正規化して一元管理。
  • 2.各IDの利用者を
    瞬時に整理
    2.各IDの利用者を瞬時に整理
    アカンサスが各IDの所有者を自動で紐づけします。紐づけのための突合条件は、管理対象システムごとに細かくチューニング可能です。
  • 3.削除漏れIDを
    レポート
    3.削除漏れIDをレポート
    退職者のIDや異動者のIDなどをレポートし、削除漏れなどの対応をサポートします。
  • 4.各部門への
    ID棚卸点検をWeb上で完結
    4.各部門へのID棚卸点検をWeb上で完結
    定期的に利用者にIDを継続利用するか確認するID棚卸業務を、Web上で実施可能です。アカンサス上のID台帳をそのままご活用いただけます。

アカンサスで実現できること

1.
システムごとに管理している
ID台帳を一元化 社員ごとの
保有IDをすぐ確認可能

従来のExcelによるID台帳管理を、Web上で行えます。

システムや管理元によって異なる台帳フォーマットを、アカンサスが一元化し、誰がどのシステムにアカウントを持っているか「人」単位で整理します。

システムごとに管理しているID台帳を一元化 社員ごとの保有IDをすぐ確認可能イメージ
2.
各部門へのID棚卸確認も
Web画面で回答収集し効率化

各部門にIDを継続利用するか/しない、削除するか/しないかといった棚卸確認をWeb上で依頼・回答収集ができます。

システム管理担当者は、各部門ごとに回答用Excelを用意したり、返却された回答のマージは不要になります。

各部門へのID棚卸確認もWeb画面で回答収集し効率化
3.
これまでの「人手で対応せざるえなかった」に対応した様々な機能
  • 退職者の削除漏れID一覧
    退職者の削除漏れID一覧
    退職した人が保有IDのうち、業務システム上にまだ存在しているIDを一覧でレポートします。
    「人」単位に探せるため、効率的にID削除漏れを防止できます。
  • 複数の人事データから人事マスタ作成
    複数の人事データから
    人事マスタ作成
    多くの企業様が統合ID管理検討において悩む、「複数存在する人事データとそれらのマージ」。アカンサスは、複数の人事データを加工せずそのままインポートいただくことで、マージして1つの従業員マスタを作ります。
  • 部署の表記揺れ統一・同一人物の名寄せ
    部署の表記揺れ統一・
    同一人物の名寄せ
    システムによって部署や人物の表記方法が微妙に異なり、データに揺らぎが発生することは珍しくありません。
    アカンサスは、部署マッピング機能と同一人物の名寄せ機能で揺らぐデータの正規化をサポートします。
  • 共有IDの管理
    共有IDの管理
    どの企業様にも、「どうしても個人に紐づけられないID」が少なからず存在します。アカンサスは、IDの管理元を明確化し、社員利用IDとは別管理が可能です。
  • セキュリティへの取り組み
    セキュリティへの取り組み
    安心してご利用いただくために、日々新たな脅威への対策を行うとともに定期的に第三者による診断を実施しています。また、NTTグループでクラウドサービス導入時にチェックする厳しいセキュリティガイドラインにも準拠しています。

導入事例

  • au カブコム証券 A member of MUFG
  • Daiwa LifeNext ダイワハウスグループ 大和ライフネクスト
  • 東京国際エアカーゴターミナル株式会社 TOKYO INTERNATIONAL AIR CARGO TERMINAL LTD.
  • DMM FinTech

90秒で分かるアカンサス

お知らせ 一覧を見る
ページTOP